外貨建・エブリバディプラス(明治安田生命)のメリット・デメリット

複数の外貨 ドル保険商品の紹介

外貨建・エブリバディプラス

明治安田生命も富裕層向けの保険商品・外貨建て商品に参入しました。三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などの大手銀行や、地方銀行、信用金庫も取り扱いをする金融機関窓口取扱商品です。

外貨建て保険の背景

外貨建・エブリバディプラスのPVによると、資産を守るために自己資金に保険を掛けるということが投資であり、お金儲けでは無いそうです。
例えば長生きをするとそれだけお金が必要になるのは必然で、老後資金対策が将来の不安要素の一つになり得ます。
長生き対策の為にまずは、資産を守りながら資産の寿命を延ばすことが必要になります。

ですが、今の日本の低い金利では、それも不安になります。
そこで、日本より金利が高い外国通貨に資産を分散するという手法が用いられるのです。外国通貨への資産分散で自己資産の守りが厚くなるのです。

外貨建て商品の危険対策

とは言え、外貨保有や投資・運用には常に危険がつきまといます。ですがハイリスク・ハイリターンや、ローリスク・ローリターンという言葉があるように、そのような危険を極力小さくして安定させる方法もあります。
その手法の一つとして、「長期運用 分散投資」が取られます。

長期運用と分散投資

長期運用することで、短期運用では大きく差が付きやすい変動幅を平均化させ、他国通貨に分散化することで危険を小さくできるのです。
複数の外国通貨に分散しておけば、日本を含めていずれかの国の通貨の価値が下がっても、他の国の通貨の価値が上がる可能性があるので、リスクの分散が可能になります。

まとめると「日本より金利の高い外国通貨の保有」「長期運用と分散投資」これを叶える明治安田生命の提案が外貨建・エブリバディプラスと言えるでしょう。

米・豪のドルから選べる終身保険

ドル建てのメリット外貨建・エブリバディプラスは一生涯の保障と外貨建ての長期運用で、保障と資産運用を兼ね備える、保険料一時払い(保険料契約時全額一括払い)通貨選択型(米ドルまたは豪ドル)の終身保険です。

外貨建終身のメリット
終身保険のメリットは資産運用効果があるということも一つに数えられますが、「自分か、指定した誰かがお金を受け取れる」ことも利点ではないでしょうか。

「自分の老後の為」に資産運用目的で終身保険を使うこと。
もう一つが自分が死んだときに誰かが死亡保険金を受け取ることで遺族の相続税対策になるのです。

資産運用と保障を兼ねたと言うより、資産運用と相続対策を兼ねた保険が、外貨建て終身保険のメリットです。

米ドルと豪ドルの理由

他の保険会社もよく言いますが、やっぱりアメリカは世界一の経済大国ですし、米ドルは世界の基軸通貨です。
オーストラリアは豊富な天然資源と移民受け入れによる労働力確保で順調な経済成長が見込めると言われています。
生命保険に用い主契約通過にできる外貨は、将来的に為替差損による元本割れなどのデメリットも知っておく必要がありますが、外貨なので円と比べると高金利を付けることができる下地があり、円貨より高率運用ができるという利点は見逃せません。

外貨建・エブリバディプラスの詳細と運用

保険料は契約時に全額払い、その後の追加保険料などはありません。これを保険料の一時払いと言います。
他社の資産運用目的の外貨建て保険の多くが保険料一時払いを採用していますが、保険料月払いなどの分割払いと違い、最初に大きくまとまった資金があると運用効果が大きくなります。

指定通貨で払い込みも可能

外貨建・エブリバディプラスの一時払い保険料は、円貨または、米ドル・豪ドルの指定通貨(運用通貨)で支払うことができます。
円貨払いの場合、一時払い保険料を指定通貨で換算した金額を「基本保険金額」と呼称します。
米ドル払い・豪ドル払いの場合はそのままの金額が基本保険金額になります。

基本保険金額の例

例えば一時払い保険料300万円を明治安田生命指定の口座に振り込んで、契約通貨を米ドルとして契約が成立すると、その300万円を米ドルに換算した金額が基本保険金額です。
1米ドル120円の場合、25,000米ドルが基本保険金額になります。

判定基準金額の例

一時払い保険料を円建て表示した金額を「判定基準金額」といいます。
一時払い保険料を円払いした場合は、そのままの金額(円)

外貨で一時払いしたときは、基準保険金額を外貨建・エブリバディプラス的に明治安田生命独自の「判定基準為替レート」で円貨表示します。
基本保険金額が25,000米ドル、判定基準為替レートが1ドル=110円だとすると、25,000米ドル×110円=275万円が判定基準金額になります。

目標値決定

契約時に、判定基準金額(円)に対して、「解約返戻金の円換算額」が何%になったら、ドル運用していた「運用成果」を再び円に戻すか?という「目標値(%)」を指定・決定します。
指定可能な目標値は105%と、110%から10%単位で200%までの範囲で選択可能です。
とりあえず契約時は目標値の指定無しにして、契約成立後に目標値を指定することも可能です。

この目標値を設定することで、契約から一年を過ぎた日から明治安田生命が全ての営業日で目標値の自動判定をしてくれるので、日々運用成果を自分で確認しなくても大丈夫なのです。

確保

運用成果は目標値以上になると円建てで自動確保され、円建ての終身保険に移行されるので、以後の為替差損を心配する必要がありません。
円建て終身保険専用の利率(予定利率)が適用され、予定利率は契約が消滅するまで不変です。
目標値以上になった運用成果は全額解約して現金化することも可能。また、終身保険を減額・残額部分を解約して現金化することも可能です。

運用状況の確認も解約も簡単です

運用状況は明治安田生命が毎営業日に確認していますが、自身でいつでもで確認できます。
また、電話での即日解約も可能、さらにWEBでの即日解約も可能です。

期間によって死亡の保障に違いがあります

ここまで外貨建・エブリバディプラスの資金運用機能について書きましたが、保険機能の紹介もしておきます。

二つの期間があります

●契約日から5年間を第1保険期間
●第保険期間の翌日から終身または契約終了までを第2保険期間といいます。

第1保険期間の死亡保障

第1保険期間の5年間は、死亡給付金と災害死亡保険金で対応。
死亡給付金は、一般的に死亡保険金よりも低い金額になります。

災害死亡保険金は、第2保険期間開始からその五年後までに適用される死亡保険金と同額か、指定通貨建の解約返戻金と同額になります。

第2保険期間の死亡保障

第2保険期間は災害死亡保険金が無く、全ての死亡を死亡保険金で対応します。
死亡保険金は第1保険期間の死亡給付金よりも増額され、契約から10年経過するとさらに増額されます。
契約から20年が経過すると、またさらに増額されます。

ライバル商品とアドバイスなど

第一フロンティア生命と三井住友海上プライマリー生命の商品との比較は必須です。

一緒に比較すべき保険商品

第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2・(終身)は複雑に見えますが最低保証が付いています。
比較的短期で効果的な資産運用したいときなどに最適でしょう。
三井住友海上プライマリー生命はニュージーランドドルも指定通貨にできる商品もあるので、通貨による運用効果の違いを知るのに良いかもしれません。

ドル保険のリスクや費用を理解しましょう

死亡保険金には為替リスクがあり、解約返戻金には為替リスクと金利変動リスクが伴います。
また、外貨建て保険は各種費用を必要とする保険でもあるので、保険料を円貨で受払する際の為替手数料、契約時と保険期間中の契約初期費用と保険契約関係費用も発生します。
このような費用は保険会社によって金額が違うことがあるので、保険の検討時に細かく聞いてみましょう。

アドバイスと比較は必須です

かなり以前に銀行販売のドル建て保険の苦情が増えているという報道がありましたが、その多くは、銀行員が高齢者に対して、ドル建て保険では無く預金と勘違いさせたり、為替リスクを説明していなかったことが原因でした。

ドル保険を契約してから、他社の保険にすれば良かったと思ったり、やはり円貨の保険にしたいと後悔することを防ぐためにも、専門家によるリスクの説明や複数社のドル保険の同時比較とアドバイスは必須です。

ドル建て保険の比較・アドバイス・シミュレーションは、自社商品だけの説明が許されている保険会社の営業職よりも、複数の保険会社を扱える保険無料相談のFP(ファイナンシャルプランナー)がおすすめです。
保険の専門家にお任せもしあなたの知人に保険に詳しいFPがいないのでしたら「保険コネクト」の保険無料相談を利用するのもいいいかもしれません。

知識と経験が豊富なFPが自宅や勤務先などに来てくれて、複数社の保険の比較やシミュレーション、アドバイスをしてくれます。
もちろん保険の相談は何回でも無料で、提案内容に納得できない場合は気軽に断ることができるので安心です。

保険コネクト