ドリーム・ゲート(ジブラルタ生命)のメリット・デメリット

学資代用ドル保険 ドル保険商品の紹介

ジブラルタ生命のドリーム・ゲート

ジブラルタ生命の「ドリーム・ゲート」は学資保険ではありません。ドル建て終身保険ですが学資保険の代用に使うような形です。

学資保険と資産形成

外貨での資産形成がより身近な存在となった現在、ドル建ての学資保険は注目されている商品の一つですね。
教育費は家計の中でも大きな割合を占める支出ですから、余裕をもってお子様に学業に専念させられるように、学資保険はぜひ加入したい保険ですね。

円建て学資の貯蓄効果が薄い

多くの保険会社から「円建て」の学資保険は販売されていますが、保険料が高いのに貯蓄効果が薄いのが気になるところです。
そんな学資保険のリスクを軽減するのがドル建ての学資保険です。

ジブラルタ生命のドリーム・ゲートは、今評判となっているドル建ての学資保険(本来はドル建て終身保険)です。
円貨の利率と比較して米ドルは高利率なので、その率の良さを保険料を抑えることに生かし、大きな安心と保障を手にすることができる保険と言えるでしょう。

高率の終身保険を活用

終身保険なので、生涯保障の死亡保障と解約返戻金を、米ドルで運用する商品です。
米国ドルで運用なので、米国の金利が適用され、日本の金利よりもはるかに高率です。

米国ドル建ての終身保険枠での解約返戻金の増加分を利用して、死亡保障の減額をせずに現金を支給する目的が主眼となっています。
終身保険を、死亡保障も兼ね備えた、高利率のお金の運用目的に使おうというものです。

生涯保障が付いています

商品としては「学資保険」のように説明がされていますが、ジブラルタ生命で販売されている「どるフィン」と考え方は同じものです。
ぱっと見、支払い総額の割には4回に分割して受け取れる「ドリーム・ボーナス」という給付金が少ないと気がしますが、一生涯続く終身保険が付いていることを理解しおくといいでしょう。

ドリーム・ゲートの特徴

ドリーム・ゲートはドル建て終身保険なので、円貨学資保険よりも良い貯蓄効果を期待できる反面、為替手数料などの費用が発生します。

保険料払込期間や費用など

ドリーム・ゲートは
契約年齢範囲が0歳から10歳まで、保険料は20歳払込満了です。保険料支払方法は、月払い、半年払い、年払い、が選べます

円で保険料を支払うことが可能ですが、1米ドルに付き0.5円の為替交換手数料が必要になります。
保険金や解約返戻金の円貨受取りは、1米ドルに付き0.01円の為替交換手数料が必要になります。
支払と受取りとでは、50倍の差があります。それでも、というのは変ですが、費用を貯蓄効果でカバーできる試算結果が出ると思うので、ほとんどの契約者は保険料円貨支払を選ぶと思います。

学資保険としての機能

もちろん本来の目的は学資保険(の代用)ですから、学業のための保障も充実しています。
最も教育費がかかる大学の学費のために、17歳~20歳の時に4回のドリームボーナスを受け取れます。これが円貨の学資保険で言う「学資金」に相当します。

17歳18歳19歳20歳の連続四年間に死亡保障の15%、5%、5%、5%と生存給付金が支給されますので、大学進学の事前準備が安心して始められますね。

円でもドルでも受取り可能

ドリームボーナスは、基本的に米国ドルでの支払いとなっていますが、特約付加すると円でも受け取ることができます。ですから国内の大学またはドルが使える海外に留学と、どちらでも柔軟に対応することが可能です。

円貨でドリームボーナスを受取るとき、円高で為替差損になりそうなときなどの受取り延期機能はありません。ドルで受取って時期を見て円貨に換算両替する以外に為替差損対策は無いと思います。
具体的な話は、保険の専門家などにアドバイスしてもらいましょう。

電子カタログの契約例を見ると

父親30歳、お子さん0歳女子の場合、月払い保険料が144.27ドルです。20年間保険料を支払い続けると、保険料総額が34,624.8ドルです。
四回のドリームボーナスで21,000ドルを受取りますが、お子さんが28歳の時に解約すると解約返戻金が15,155ドルになります。

教育費で一番お金のかかる大学時代に生存給付金を支給することに特化したことが、ドリーム・ゲートの特徴と言えるでしょう。

終身保険としての機能を活用

保険料の支払いが終われば毎月の負担ゼロで保障は一生涯続き、更にその枠の中でキュッシュバリュー(解約返戻金+その増加分)がどんどん膨らんでいきます。
20歳の払込満了後も解約返戻金が残るので、お子さんの生涯の死亡や高度障害保障が続きます。解約返戻金を、将来の結婚資金などとして活用したり、年金として受取ることもできます。

21歳22歳で資金が必要になったら

重要なのは、あくまで終身保険としてちゃんとキャッシュバリュー(解約返戻金+その増加分)が残っています。
裏技的な使い方ですが、例えば21歳・22歳時にどうしてもお金が必要な場合は、ドリーム・ゲートを一部または全部解約してお金を捻出する方法があります。
21歳からは1円も受け取れないの?といった人も大丈夫な内容ですね。

この解約返戻金は、留学しても有利なように米国ドルでも受取りができますので、海外では為替変動に関係無く、米ドルでそのままの金額を使うことができます。

社会人になっても活用できます

大切なお子様が成人して社会に出る時に、終身保険としてご両親からお子様にプレゼントすることもできます。お子様が社会に出て親からの援助があったと答えた人はなんと75%以上もいるのです。
社会人になったら自分ひとりで全てやれ…といった時代ではないということですね。

ライバル商品があるとすれば

ソニー生命の米ドル建養老保険も検討すると良いでしょう。
一般的に、養老保険は終身保険よりも運用効率が良いのですが、死亡保険金の終身保障はありません。
例えばお子さんが2歳の時に保険期間を15年にして、お子さんが17歳になったときに満期=保険期間が終了して全額解約するように設計するなど出来ます。

シミュレーションと比較を忘れずに

ドリーム・ゲートはあくまでドル建て保険です。上記に書いた他にも保険料から控除される費用などがありますので、しつこいくらいの確認をしましょう。
保険の募集人に、費用総額と保険料総額・解約返戻金などをしっかりシミュレーションしてもらってください。

後悔しない比較が大切です

万が一、ドリーム・ゲートに加入した後で、「やっぱり他社のドル養老保険が良かった」と後悔しないように、ドル建て保険は必ず複数社の保険商品を比較してください。

ドル建て保険の比較とシミュレーションは、保険商品毎に違う保険会社の営業を呼ぶのは大変なので、複数社の保険商品の取扱が出来て、合わない提案は気軽に断れる、保険の無料相談がおすすめです。